このサイトについて

住まい選びに悩む人へ

住まい選びに悩む人に向けて、住宅の選び方を提供・提案する情報サイトです。
単身者、ファミリー、高齢者など暮らす人ごとに情報を提供します。

暮らし方が異なれば、それに応じて住居の形も変わりますよね。

一人暮らし

最初に「1人で暮らす」場合ですが、
1人で暮らすというとワンルームマンションなどがイメージをされます。

ここでは1人暮らしの住宅で気をつけるポイントを紹介しています。

例えば立地条件というのもありますし、家賃は当然譲れません。

女性でしたらセキュリティが充実しているかどうかというのも、とっても重要なことですね。

1人暮らしをする場合には、マンションやアパートに住むことになります。

そんなマンションやアパートですが、メリットもあればデメリットもあります。
一戸建てと比べて、お金が安く済むということもありますが、
一方で近所問題などの問題もあるのではないでしょうか。

ファミリーで暮らす

次に「ファミリー向け」の場合です。
1人暮らしの場合、一戸建てを購入するということはありませんが、ファミリーとなりますと一戸建ては当然選択肢に入ってきます。

その一戸建ての中にも、中古の一戸建てと新築の一戸建てがあるのです。

ここでは新築と中古の一戸建て、それぞれのメリットとデメリットを紹介しています。
新築の一戸建ての場合には、自分の好きなように設計できるというメリットがあります。
その一方でお金が高くついてしまうし、柔軟な対応が取りにくいというデメリットも考えられるでしょう。
中古の一戸建てのメリットとしては、安く購入できるということがあります。

一方デメリットとしては、結果的に劣化をして修繕費が高くついてしまうということがあります。

ファミリーの住まいは一戸建てだけではなくマンションという選び方もありますし、一戸建ての時と同様にマンションにも中古と新築があるのです。

ここでは新築と中古のマンション、
それぞれのメリットとデメリットも紹介しています。

新築のマンションの場合には新しいということと、
設備が充実しているということがメリットとなります。

一方で価値の目減りが起こりやすいというデメリットもありますよ。
中古マンションのメリットとしては、あらかじめマンションを見学でき、価格も安いというメリットがあります。

デメリットとしては、耐震性などの心配がありますね。

高齢者の暮らし

増加している「高齢者向け」の住宅も、ここでは紹介しております。
バリアフリーというのは段差を解消したり、スペースを広く取ったり、あるいは手すりを設置するなどした住宅のことです。
さらにサービスつき高齢者向け住宅というのもあります。
これはバリアフリーになった構造の居住スペースに、
ケア専門のスタッフが常駐をしている住宅のことです。
そして最近増えている、「仲間と暮らす」暮らし方も紹介しています。
それはルームシェアとシェアハウスです。
シェアハウスというのは、業者と契約をして、
ルームシェアというのは住人同士で契約をするところが最大の違いです。